3ヶ月経っていても相続放棄できる??

 


 さて、予告しましたとおり、被相続人の他界から3ヶ月経過していても相続放棄できる場合の説明です。

 例えば父親が死んだ場合を考えます。父親が、財産と借金を遺した場合、これを差し引きして、プラスであれば相続して、マイナスであれば相続放棄をしたいと考えるのが普通ですね。

 ですが、自分の財産や借金ならともかく、父親といっても一応、他人ですから、その財産や借金について、詳しく知らない場合もけっこうあります。むしろ、金額などまで正確に把握している人の方が珍しいかもしれませんね。

 ですから、実際には、父親に借金があっても、遺族が、借金が無いと思っているということは結構よくある話です。ですから、借金の金額を把握しないまま、3ヶ月が過ぎてしまって、3ヶ月を過ぎてから、借金の存在を知った場合、今から相続放棄ができないだろうか?ということが問題になります。

 借金を知らずに、3ヶ月が過ぎてしまった人は、借金を知らなかったのだから、借金を知ってから3ヶ月のカウントをスタートすべきだと思うはずですし、結構、一般の方は、知らなかったのに3ヶ月のカウントがスタートするのはおかしいと思う人が多いようです。

 特に日本人は、知らなかったから仕方ないという弁解をする人が多い民族だと思いますが、法律は、そう甘くなくて、知らなかったでは済ましてくれません。自分で積極的に調べて把握する必要があるのにそれを怠っていたのだから、3ヶ月経過後の相続放棄は許されないと判断されてしまうのです。

 当然ですが、相続放棄は3ヶ月と定めている法律を知らないという弁解も聞いてもらう余地はありません。法律は社会のルールなので知らない人が怠慢なのであって、法律を知らないことで得をする人が出てはいけないと考えているわけです。

 では、3ヶ月過ぎても相続放棄できる場合はどんな場合かと言いますと、親が死んだことは知っていたけれども、相続があったとは知らなかった場合には、3ヶ月のカウントは、相続があったことを知った時からになります。

 読んだだけでは意味が分かりませんね。

 親が死んだことを知った時期と、相続があったことを知った時期がズレる場合があるということなのですが、具体的には、親が死んだけれども、一切財産は無いと思っていた・・・つまり、親は死んだけれども相続は発生していないと思っていた。ところが、後になって借金があることを分かった。というような場合には、借金があることが判明して、初めて「借金の」相続があったことを知ったということになるわけです。借金の存在を知るまでは、一切の財産が無いと思っていたのだから、相続が発生したとは知らなかったという理屈なわけです。

 こういった場合に「だけ」3ヶ月以上経過していても相続放棄が許されることになります。

 勘の良い方は気づいたと思いますが、親が死んだときに、持ち家があることを知っていたが、借金の存在は知らなかったというような場合は、親が死んだときに、親に財産があることを知っていた=相続が発生したことを知ったということになりますので、ずっと後になって借金の存在を知ったとしても、3ヶ月のカウントは、持ち家があることを知ってた時=親が死んだ時からのカウントになってしまうわけです。

 













コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック