相続放棄は3ヶ月

 


相続関連で期間制限があるものの代表が相続放棄です。

 

これは、相続が発生したことを知ってから3ヶ月以内という、非常に厳しいスケジュールになっています。

 

そもそも、相続放棄って何ですか?という方もいますよね。

 

これは、相続人である資格を放棄(=捨ててしまう)という手続きです。

 

従って、相続放棄の手続きをすると、相続人ではなくなるという効果が発生します。

 

「そんなことをして何の意味があるんだろう・・・?」と思った方もいるかもしれません。

 

確かに、相続でお金や土地をもらえるかもしれないのに、これをいらないという手続きの意味が分からない方がいるかもしれません。

 

が、実は、相続というのは、財産だけをもらえるのではなくて、債務(=借金)も引き継いでしまう効果があります。ですから、親が借金を遺して死んでしまったような場合は、大変な注意が必要ということになります。

 

つまり、相続放棄という手続きは、一般的には、借金の相続をしないために用意されているわけです(借金がない相続の放棄も手続的に可能ではあります。)。

 

再度、期間の話に戻りますが、相続放棄を行える期間は、相続の発生を知ったときから3ヶ月です。

 

親が死んだ場合などを考えると、死んだ瞬間に、相続が発生したことを知ってしまいますので、一般的には命日から3ヶ月以内と考えておくことが必要です。

 

この期間を、借金があることを知ってから3ヶ月だと勘違いしている方がいらっしゃいますが、これは間違った知識で、相続が発生したことを知ってから3ヶ月ですから注意してください。

 

この期間を過ぎると、相続放棄ができなくなって、個人的な財産も使って、親の借金を払うことになってしまいます。そして、こういう方は少なくありません。法的知識がないために、大損をするケースがあることは忘れたくないものです。

 

なお、極々例外的に、親が死んだことを知ってから、3ヶ月以上経過してしまっていても、相続放棄ができる場合があります。これがどんな場合かというと・・・。それは、来週に書きたいと思います。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック